総合保険の選択は難しいです。

終身保険は生命保険各社から出ていますが、どのように選択するかが大変難しいものです。情報をまとめましたので、参考にして下さい。

スポンサードリンク

これからは輸出保険がs大事だ。

取引先破綻などによる損失回避のため日本の海外現地企業がかけている輸出保険について、日本貿易保険(NEXI)は再保険の形で一部を肩代わりする。欧州債務危機の影響で、世界的な大手保険会社は資産圧縮を迫られており、保険枠の縮小を打診される日本企業が相次いでいるためだ。再保険の手続きを簡素化する包括契約を輸出保険最大手の独ユーラーヘルメスと月内にも結ぶ。
販売先の倒産などによる代金不払いなどのリスクをカバーする輸出保険をめぐっては、ユーラーヘルメスと蘭アトラディウス、仏コファスの欧州大手3社で世界シェアの9割を占める。海外で工場などを運営する日本の現地法人も、これら3社のいずれかに保険をかけるケースが一般的である。輸出保険はこれから絶対にいるなと思った。。

中国の環境汚染はひどい。!!

中国中東部の一部地域で有害濃霧の発生が続いたことを受け、北京の日本大使館は6日、現地に住む日本人向けの説明会を開催し、有害濃霧対策を検討した。この席で日本大使館は「北京に暮らしている人々は動物実験のような状況に置かれている」と指摘している。これに対して日本JCC新日本研究所の庚欣副所長は、「批判ばかりでは意味がない。日本も高度成長期にさまざまな問題に直面した。日本は自らの経験と教訓を新興国に伝えるべきで、人と自然の問題を人と人の争い、さらに政治目的にすり替えるべきではない」と反発している。本当に中国の環境汚染はひどすぎると思う。

終身保険は大手の会社で契約しよう。

終身医療保険に加入しようと決心した時には、まず色々な保険会社の資料を集めて、それぞれの保険に支払う金額や保障内容などをよく比較検討しましょう。また終身医療保険の場合、保険会社との付き合いは、本当に長い期間になります。ただし80〜90歳を越えた場合はもちろん、100歳になっても医療保険の支払いを続けなければなりません。

支払っている途中に保険会社自体が、経営不振になったり、倒産したりしないように大手の保険会社の医療保険に加入することをお奨めします。さらに終身医療保険には「終身払い」と「60歳払込終了」のタイプがあります。それぞれ一長一短で、保険料だけを比較するならば、「終身払い」の方が毎月の保険料はかなり安くなります。

実際に75歳から80歳まで元気でいれば、医療保険に支払う保険料の総額は「60歳払込終了」タイプの方がかなり安くなっています。一方「60歳払込終了」タイプの方は、毎月の保険料は高額になりますが、例えば85歳まで元気だったとした場合でも、後半の25年は支払が一切ないことになるのです。

60歳と言う設定は、一般企業や公務員の定年退職の年齢から設定されているものです。「終身払い」は文字通り、死ぬまでずっと保険料を払い続けるものであるのに対し、「60歳払込終了」の方は、60歳になった段階で、保険料の支払いがストップするものです

終身保険には審査がある。

 終身保険で特に保障が大きな医療保険の場合は医師による診断が必要になってきます。診断書の手数料は5000円位が必要ですが、これは保険会社の負担となります。どんな審査が行われるのか、という審査の内容は、契約する医療保険の内容や、保険額によって違ってきますし、同じ保険内容であっても会社によって違ってきます。これは保険会社の担当の外交員が、過去の病歴や健康状態について質問しますので、自分で答える、という自己申告制です。

 加入できないかもしれないからと言って、病歴を隠すなど、虚偽の告知を行うことは避けなければなりません。この審査については、どの保険会社でも程度の差はあれ、実施されています。非常に厳しい審査を要求されるところもあれば、本人の申告だけでOK、というゆるいところもあります。

 医療保険加入の条件として、病院の医師による診断が義務付けられているケースがあります。医療保険加入の際の告知で最も重要なことは、必ず事実を告げる、と言うことです。医療保険に加入する際には事前に審査を受けなければならないことがほとんどです。

 医師の診断とは言え、保険会社が指定した病院で簡単な健康診断と、問診程度ですので、難しく考えることはありません。後になって虚偽であったことが発覚すると、契約解除になったり、医療保険の受取の手続をしても保険金が支払われなかったり、あまり悪質なケースには、保険会社から詐欺罪で訴えられてしまいます。簡単な審査は告知です。

終身保険が増加している。

終身医療保険は、現在かなりニーズが高まっています。終身医療保険は、一生の安心を保障するものなのですが、人間誰だって、年齢が上がるほど病気になりやすくなります。
元々医療保険という保険は、生命保険の特約の1つとして保障するものだったのですが、近年、医療費の高額化などによる増加で、医療保障にさまざまなツールが求められるようになりました。また、保険料が一定であることなどを考慮すると、医療保険の場合、高齢になってからの契約になるほど、支払う保険料が高くなっていくので、若いうちに入っておく、と言うことも具体的に考えておきましょう。そのニーズに応じる形で、医療保険自体が、単独の保険として扱われるようになったのです。

従来、保障期間が限定されている「定期医療保険」というものもあるのですが、高齢化が進む現代社会では、生涯保障が続く、終身保障タイプに契約をする人が増えてきています。大きな特徴は保険料が加入した時からずっと変わらないことでしょう。

どの保険に加入するにしても、これは一生つきあうものであり、気に入らないから、と簡単に訂正できるものでもありませんので、加入する際には、よく比較して検討しなければなりません。一定の保険料で一生の安心が得られるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。